IT業界における様々な職業

IT業界と言っても様々な職業があります。
コンピュータ系の職業だと、有名なのはシステムエンジニア・ネットワークエンジニア・プログラマー・サポートエンジニアなどがあります。主に専門分野の技術を身につけて、パソコン相手に仕事をするものです。

仕事内容としては、システムエンジニアはユーザーの需要に合わせたものを設計するための設計図を考える人です。そしてそれを実行するのはプログラマーで、プログラミング言語でシステムを作っていきます。そして完成したものをシステムエンジニアがチェックします。ネットワークエンジニアはネットワーク機器の接続や、コンピュータのネットワークがちゃんと機能しているかを確認するものです。最近では24時間体制での管理を行なっている企業も多くなっています。

サポートエンジニアは主に法人相手にコンピュータのトラブル対応をする職業です。相手のコンピュータ知識に合わせて、そこからトラブルと解決策を見出さなければならず、高いコミュニケーション能力も必要になってきます。

また、インターネットに関わる仕事もあります。インターネットコンサルタント・ウェブデザイナー・ウェブプログラマーなどがあります。

インターネットコンサルタントは、顧客の要望に応じてインターネットを使い、利益を生み出すサポートをします。ウェブデザイナーはホームページを作成するもので、ウェブプログラマーはインターネット上の情報交換やシステムを作成するウェブ専門のプログラマーのことです。ウェブデザイナーとウェブプログラマーは兼任されていることが多いようです。

様々な仕事があるので、自分に合ったものを探すことも出来ると思います。
ちなみに、私はプログラミング言語に非常に興味があるので、まずはjavaやPHPなど王道の言語から勉強してみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です